すぐにPC用ソフトを、浄化しました

昨日の不思議~なお話。

PC用のソフトが届いたんです。

ピンポ~ン!と届いた瞬間から重苦しい空気(うわっ;)

梱包を開封している最中も、インストールしたり、作業している最中も部屋の空気が、どんどん重苦しいものによどんでいく。

でも、作業の方が先だからと、急いでやっていたら同じ部屋にいたとっても敏感で、とっても感じやすい友だちが、

「もうだめだ~!!浄化して~!!!」

と、我慢できない状態になってしまったんです。顔色真っ青で、すごく具合悪そうさっそく、届いたばかりの問題のソフト一式を浄化することにしました。すぐに浄化でき、浄化完了とともに友人は生き返ったようにケロッと、元気になっていました。

このソフトは、制作などに関わった人たちが相当、苦しんで苦しんでつくったもののようでした。その苦しみの(低いマイナス)波動に集まってきた(低い波動の)存在というのがかなりすさまじかったですね。(※ アカシックに接続するとこういう情報がやってきます)

こういう存在は、本来いるべき世界に戻っていただくのが一番ですので、その世界にお送りしました。これでOKということですね。

ものをつくる人は、苦しみ・憎しみ・怒りなど・・・あまり好ましくない状態でやっているとつくったものに、その好ましくない波動が入り込んだり。また、もっと凶悪なものを引き寄せたりしますので良い感情、好ましい状態で作業に当たれるようになるといいですね。

この世界には、波動の法則というものがあります。類は友を呼ぶというもの。

また、この法則は、とても重要なことですのでこれから、たびたびお話していくことになるでしょうね。

Photo: Gonzalo Merat