パニックとネガティブ

思わぬことや、好ましくないこと、恐怖を感じることなどが起きて「どうしよう!」「どうしたらいいの?」とパニックになりそうなことは誰にでも起こります。

頭の中は、妄想・良からぬ想像で混乱状態

恐れていることは、確実に起こりそうなほど、現実味を帯びて、迫ってきているかのようです。

そんな時は、「冷静にならなくては!」と思ってみても、努めて冷静になろうとしても、なかなか簡単にそうできないものです。

こういったときは、自分をコントロールすることの難しさを、特に感じますよね。

困ったことが起きたとき、あたふたしているだけでは、事態はおさまらなかったりしますし

一旦パニックになってしまうと、益々良からぬ方向に向かったりすることがあります。

自分がパニック・ネガティブになったとき、心を落ち着かせたり、気持ちが楽になったりするような言葉を自分にかけてみると、効果があったりします。

どういう言葉が自分に効果があるのか、日々の生活の中で、さぐってみるといいと思います。

そうすることは、自分を観察することにもつながりますので、おすすめです。

身近な誰かが、パニックやネガティブになっている時、あなたはその人に、どんな言葉をかけていますか?

自分だったら、そういう時、人からどんな言葉をかけてもらえたら落ち着いたり、気持ちが楽になったりしそうですか?

また、過去にあなたがパニックやネガティブになっている時、人にかけてもらったどんな言葉に心が動かされましたか?

これだと思う言葉があれば、自分に言葉をかけてみてくださいね。

Photo: freeflyer09