ヒーリングや浄化にいたるには、わけがある

連休中ですが、今日も書きためていたものをセットして日記にアップしました。では、いきます。

ヒーリングしながらサーチしている時浄化のご相談を受けサーチしている時「なぜ、この人は、今こういう状態になっているのか」原因がすぐに見えてこないときがあります。そういう場合は、かなり複雑な要素が絡み合っていることが多く、色々な方面からアプローチしていくことになります。

ヒーリングの場合、成仏させる必要がある方がいて、その人を成仏させるために何らかの症状や問題を起こしたりヒーリングを受けたい気持にさせたりし私のところに、生きている人をつなげてくることがあります。

ですので、サーチしても特にその人の肉体や精神、魂的なことなどにこれといった問題がない、とかまた、憑依されやすいタイプでもなくマイナス波動に苦しんでいることもないとか、そんな人が成仏したい人を連れて来るだけの役割でヒーリングなどを受けられるという場合もあります。

色々サーチすると成仏したい人を連れてくる役割がその人にはあったのだということが判明し「あっ、そういうことだったのね」とやっと腑に落ちるんです。

また、これもよくある話なのですがその人に直接関係のない理不尽な理由でマイナス波動に苦しめられ人生に苦悩している人、多いんです。特に、インターネット、テレビ、ゲーム、音楽(音声)などを通じたメディア呪詛が、代表的な例です。

メディア呪詛は恐ろしいスピードで、どんどん被害が拡大していきますから一刻も早く、浄化しないといけない状況になっています。

何かを見たり聴いたりして以来、どうもおかしいと感じた場合は呪詛の可能性も考えられます。そのレベルもけっこう酷いものが多いのでメディアに関する呪詛には特に注意が必要です。

ファイルなどのデータがPC内にある場合他のデータや、PCそのものへの汚染も考えられますから、おかしいと感じた場合はすみやかに削除してしまってください。

その人が、メディア呪詛など集団で受けているマイナス波動の浄化を決意されたおかげでどれだけたくさんの人が、マイナス波動の被害から解放されることになるかというケース、実は、けっこうあるんです。ご本人は、とにかく苦しくて仕方ないので「浄化でも何でもしてもらって問題を解決したい!」という想いしかありませんが非物質界では、合意のもとで、そういう流れになっていることがあります。

その人が、たくさんの人に被害をおよぼしているマイナス波動を、代表してストップさせたという功績は、実に大きいことなのです。

Photo: mackenzie jean