マイナス波動の後遺症

「マイナス波動の後遺症」って、実はあるんです。先日も、ひどい顔色をした知人が具合が悪いと言うので「どうしたの?」と尋ねると、「マイナス波動にやられたみたい」と言いました。

憑かれやすいタイプのその知人は背中が急に痛くなってきて全身から冷や汗が出て、頭がくらくらし吐き気をもよおし、トイレに駆け込まないとという状態でした。

でも、トイレに行くのもままならない倒れ込んで動けないという状態でした。サーチの結果、かなり凶悪なマイナス波動に入り込まれていましたので浄化しましたら、すぐに体調が戻ってきて元通り、元気になっていました。

それで、安心していると、その数時間後知人は、まだ少し具合が悪いと言ってきました。調べてみましたが、特にマイナス波動に入り込まれているわけではありませんでした。

知人の症状は、先ほど入られた凶悪なマイナス波動の後遺症ということが判明しました。あまりに大量のマイナス波動をため込んでいたり強いマイナス波動に入り込まれている場合にはきっちり浄化しても、すぐに症状のすべてがよくなるとは限りません。

すっきり全てがよくなる場合もありますが結構、後遺症は残ることがあります。

その知人のケースでは、すぐにすべてのマイナス波動は、浄化されていましたがその日いっぱいは、後遺症が残って具合が悪かったそうです。

あまりにもひどいマイナス波動の影響を長く受けている方の場合は、すべて浄化して、マイナス波動の影響がない状態になっていても後遺症によって、何も改善されていないように感じることがあります。

私は、これまで、色々なケースでマイナス波動とかかわってきましたが実際にマイナス波動に入り込まれているのか、マイナス波動の後遺症なのか、マイナス波動に入られてはいないけれどただ感じているだけなのか・・・など、色々な状態があることがわかってきました。

いずれにせよ、マイナス波動は、

引き寄せない!

ため込まない!

ということが大事ですね。

Photo: anieto2k