見えないからこそ、疑ってかかることも大事

私も、これまで色々ありましたが、私など比較にならないほど大変なご相談内容の方が、多いですね。何でこの人は、こんな酷い状態になってしまったんだろう?いつ、この強烈な存在に憑依されたの?どこでどうやって憑かれたの?などと、サーチしていると思わぬ原因によって、今のような酷い状態になってしまったということが判明します。

マイナス波動・憑依・呪詛など見えない世界のことについてはいまだにわからないことだらけです。その上、マイナス波動・憑依・呪詛などについて無知・無関心であったり、甘くみている方も非常に多いのが現実です。

これらのことについては今もって、共通言語もなく共通認識もないといった状態です。ですが、これらが引き起こす問題は非常に深刻な事態を招くことが多く不幸や苦悩の原因になっているケースもあります。憑依されやすい体質だと自覚のある方や自覚症状はなくても職業的にマイナス波動の影響を受けやすい方はそれなりのマイナス波動対策をする必要があります。

自覚症状をあまり出さないように巧妙に憑依している存在もいるので厄介です。また、出たり入ったりしたり浄化を免れようとする知性の高い存在もいます。憑依している人間の興味や欲求を満たすような存在を装って、メッセージなどを送り人を惑わすこともあります。「自分には霊的な力や超能力がある」と思わせるような現象を起こさせることもよくあります。

何か変わったこと、超常的なことがあった場合まずは地に足を着け、問題のある存在による憑依やコンタクトなどについて疑ってみる必要があります。

Photo: Sanchez Photo