言葉の力で未来を創る

口が悪い人は、これまでの人生で、かなり自分は損をしていることを自覚された方がいいと思います。

「あの人は、口は悪いけど、心はやさしいいい人よ」なんて、よく耳にすることがありますが、口が悪いと、いろんな誤解をされることは多くなりますし、人から恨みをかうことも増えます。

人の恨みをかうようなことが多ければ、良からぬ状態に陥ることも増える可能性が上がります。

口が悪い人に向けられた、人からの良からぬものは、口が悪い人だけでなく、口が悪い人の家族や身近な人に、良からぬ状態を起こしてしまうこともあります。

別の意味から言うと、口が悪い人が、(家族や身近な人に良からぬ状態が起これば)良からぬ環境・状況に身を置く「困ったな・辛いな」という状態が実現し、恨みをもった人の願望は達成されるわけです。

文章などに残すものと違って、口から発せられた言葉は、すぐに消えてしまうものだと軽く考えて、暴言や、心にもないことを言ってしまう人が多いですが、言われた側にすれば、一生忘れられない不快な記憶として残ることがあるくらい消えないものなのだと自覚する必要があるでしょう。

頻繁に逢う人どうしなら、「この人は実は口が悪いだけなのか」と、誤解がとける日がくるかもしれませんが、人生で一度きりしか逢うことがない人にでも、いきなり暴力的な言葉をあびせ、相手を不快にさせるようなことをしていたら、相手は驚き、不快な気分になり、しばらくはこの不快な出来事を忘れることはできなくなり、ひどい場合は、トラウマになってしまうというケースもあります。

身体の状態が思わしくないという方をサーチしてみると、たくさんの人からの良からぬものを受けていて、さらにその原因をサーチしていくと、口が悪いために、かなりたくさんの人を傷つけ、恨まれているということがわかるケースがあります。

人を傷つけるのは暴力だけではありません。

言葉でも人を長い間傷つけ、苦しめることができます。

しかし、言葉で人を傷つけてきた結果、自分も傷ついているのです。

これまで言葉の力で創ってきたものは、計り知れないものがあると言えるでしょう。

口が悪い人の中には、心の中では、「こんなこと言うんじゃなかった」「何でいつもつい暴言を吐いてしまうんだろう」と、反省したり、自己嫌悪に陥っている人もいらっしゃいますが、舌の根も乾かぬうちに、また自動的に何かに反応して、暴言を繰り返すということになっているようです。

つい自動的に暴言が出るということは、自分の中の状態が、あまり良好でないというあらわれだったりすることもあります。

何かに苦悩していたり、心身の調子を崩していたり、エネルギー的な問題があったりすれば、暴言が出てしまうのも無理はないかもしれませんが、繰り返していたら、人からの恨みは増え、自己嫌悪は増し・・・余計に事態は悪くなる一方です。

イラッときても、いつものように自動的に反応して暴言を吐くということをストップすれば、負の連鎖を止める方向に向かえます。

言葉に出す前に、「これは本当に言っていいのだろうか?」と自分に問うてみたり、深呼吸して気持ちを落ち着かせるなどして、「ちょっと待った!」をかけてみるといいと思います。

※酒癖が悪くて、飲むといつも暴言を吐いたり、暴力をふるう人の場合、本人に記憶がほとんどなくても、たくさんの人に迷惑をかけたり、人に不快な思いをさせたり、人を傷つけていることがありますので、人からの良からぬものを受けているケースもあります。

口から出る言葉は、自分の未来を左右する強大な力です。

あなたの夢は何ですか?と聞かれて、 「私は、○○になりたい!・・・でもそんなこと、私になんか、とても無理だから」とか

「私の夢は○○です!・・・でも、うちはお金持ちじゃないから無理」

こんなふうに言ってしまう人は、「自分には夢を叶えることは無理」という願望を達成できてしまうこともありますので注意が必要です。

人は自分が考える通りに、自分が言う通りになれてしまうからです。

「こうなってほしい!」という願いを叶えたいなら、自分が思考していることをもっとよく観察して、強大な力である言葉をうまく使えるように工夫されるといいですね。

そして、自分の中の状態が、悲観的で、不快感・苦悩でいっぱいというのではなく

愉快で楽しい状態だったり、とても快適で穏やかだったり、希望に満ちあふれている状態が多いなら、きっと未来は、自分が思う通りの好ましい展開を見せることでしょう。

《よく読まれているページ》
 ↓↓↓
無料モニタープレゼント受付・『波動調整浄化24ヒーリング』その2

『波動調整浄化24ヒーリング』無料モニタープレゼント受付・その1

『波動調整浄化24ヒーリング』の受付を開始しました!

 photo by:Casey David