願望実現を妨げる要因

いくら医療機関で治療をしても、ヒーリングなどをしても、よくならないケースでは、治ると都合が悪いという要因が見られます。

・何らかの理由で病院に行くのが楽しみという人

・家族や身近な人たちに構ってほしい・やさしくしてほしい人

・人から同情されたい人

・自分を憐れむことが好きな人

・仕事(職場)が嫌なので仕事ができない状態が続いてほしい人

・学校に行きたくないので治らないお子さん

・辛い現実から現実逃避していたい人

・人と比べられることに(人並みできる状態を求められることに対し)嫌気がさして、ハンデや言い訳を持っていたいと思っている人

・病気や怪我を人か何かのせいにして、その人やそのものごとなどをずっと恨んでいたい人

まだまだ他にも要素はありますが、キリがないのでこの辺で。
(これまでのサーチ例より)

自分がなりたいと思っている自分になる「願望実現」を妨げている要素を見つけられれば、解決は早まるかもしれませんね。

「病気や怪我を人のせいにしてずっと恨んでいたい人」の例ですが

憎しみや恨みなどがある相手にされた(させられた)ことが原因になっている病気や怪我、その相手のせいで病気や怪我をしたと思っている(思い込んでいる)ようなケースでは、治りにくいことがあります。

その憎い相手と接触した際には、相手の前で、大げさに「痛い痛い」と言ったり、大げさに足を引きずって歩いて見せたりする人もいらっしゃるくらいですから、これでは治るものも治りにくくなるのではないでしょうか。

人間とは、自分が考えた通りになる存在とも言えますので、憎い相手に対し、「わたしをこんなにひどい状態にしたんだ」と、罪の意識をいつまでも抱かせておきたいという気持ちが強ければ、治りたい気持ちがあっても、「治りたくない」という意識も働き、治らない状態が続くことがあるでしょう。

今もし、何らかの問題がある場合は、そのことに関してのネガティブな側面から、そうでない方に視点を変えることをおすすめします。

痛かったり、辛かったり、不自由だったりということは、問題としてネガティブな方にとらえることは当たり前のことでしょう。

しかし、病気や怪我は、その人にとって必要なこととして起きているとも言えます。

「これ以上過酷な労働をしていると、取り返しがつかない健康状態になる」という人の場合は、そうなる前に病気や怪我をすることによって、その結果、心身を回復させることに専念でき、健康状態を取り戻せた、という例があります。

挫折のない順調な人生を送ってきた人が病気になったことで、自分は思いやりに欠けていた、自分が恵まれていたということにありがたみを感じられていなかった、人のやさしさに気付けない自分がいた、傲慢だったなどと、気づくことができ、当たり前だと思っていたようなものにでも、ありがたいと感じられるようになった、という例もあります。

痛かったり、辛かったり、不自由だったり、という経験は、できればしたくないものですが、このように視点を変えれば、色々なものが見えてくるのではないでしょうか。

好ましくないことがあったのなら、
「大難が小難になったということなのかもしれない」
「自分の人生を左右するような要素がそこには隠されているのかもしれない」
「自分と向き合う、自分を見つめなおす、自分のことを知る、気づきを得られ、飛躍できるような大きなチャンスが与えられているのかもしれない」などと、
ポジティブな視点でとらえてみると、乗り越えやすくなるのではないかと思われます。

視点を変えれば、憎い相手を許すことは、そう難しくないかもしれません。

自分の人生にとって、重要な経験をさせてもらえたとか、大事なことに気づくチャンスを与えてもらったと思えるならば、この憎んでいた相手にも、感謝できるかもしれません。

「自分を憐れむことが好きな人」の場合は、自分で「私って、こんな辛い状態なってしまって・・・何て悲惨な人生なんだ」などと、自分の不幸に浸っていたり、身体が辛いこと、症状などに、よく意識が向いている傾向が見られます。

「辛い状態」「何て悲惨な人生なんだ」「痛い」「具合いが悪い」などと自分について考え、意識を向け、エネルギーを注いでいると、その状態が具現化するのに加勢したり、その状態を保持させることにつながりかねません。

病は気からと言われることもあります。

「嫌なことがあったので、病気にでもなれば学校に行かなくてすむな」と思っていたら、本当にお腹が痛くなったとか、熱が出て学校を休むことになったという経験をした人はいらっしゃるのではないかと思います。

人間は、自分が考えたことを実現させ、自分で自分の状態を創造してしまうくらいの力を持っていますから、自分は何を考えているのか?どんなことによく意識を向けているのか?自分の中は良好な状態か?など、自分を冷静に客観的に観察する必要があると思います。

《よく読まれているページ》
 ↓↓↓
無料モニタープレゼント受付・『波動調整浄化24ヒーリング』その2

『波動調整浄化24ヒーリング』無料モニタープレゼント受付・その1

『波動調整浄化24ヒーリング』の受付を開始しました!

 photo by:Tambako the Jaguar